ストック型収入の重要性について

ストック型収入の重要性について

ライバープロデューサーの仕事が、いかに資産性に優れているのか。

それを理解していただくためには、「フロー型収入」と「ストック型収入」について知る必要があります。

これは私が、今の働き方を実現してから知った考えになりますが、お金持ちになるためには必須のプロセスだと思うので、ぜひ念頭においていただければと思います。

フロー収入とストック型収入の違い

フロー型収入とは、単発で受け取る収入のことです。

例えばサラリーマンの場合、一ヶ月間の労働に対し、一回の給与支払いで精算しますよね。

しかし、これではお金持ちになることはできません。

一方でストック型収入とは、仕組みを構築することで、永続的に受け取る収入のことです。

よく言われる事例が、本の印税、ブログ収入やYouTubeの広告収入などですね。

労力をコンテンツの作成に注ぐことで、需要あり続ける限り、収入をもたらし続けます。

では次に、このストック型収入の考え方が、ライバープロデューサーの仕事とどのように繋がるのか、その関連性について説明していきましょう!

お金持ちにコツは、収入源の分散

過去の私がそうであったように、全く貯蓄が出来ていないという人も多いです。

一体なぜ、そのような状況に陥っているのでしょうか?

答えはシンプルで、その人の収入以上に、消費してしまうからに他なりません。

つまりお金持ちになるためには、収入を上げること、消費を抑えること、この2つを突き詰めるのが、得策だということになります。

そしてお金持ちの格言には、「水はコップから溢れたものを使え」という言葉があることをご存知でしょうか。

水=お金を意味しており、水を貯めるためには、コップの中の水を使うのではなく、周りに溢れた水滴だけを使うべし、という意味です。

お金で言えば、お金を生み出す資産に手を付けるのではなく、利息で賄えという思考ですね。

これをライバープロデューサーの仕事に例えてみましょう。

私たちが所有するノウハウは、コップ本体と中身の水、そして担当するライバーさん達は、中に入れる氷だとイメージすることで、話がより伝わるのではないでしょうか。

コップに氷を入れると、コップの中の水かさが増したり、周りには自然と水滴が付着しますよね。

その湧き続ける水滴=お金を享受できることこそ、ライバープロデューサーのメリットであり、またストック型ビジネスの本質なのです。

TOPページを見る