全員が本気になれば、稼げる可能性はさらに高まる

全員が本気になれば、稼げる可能性はさらに高まる

当たり前の話ですが、ビジネスに対する本気度が高まれば、成功する確率は高まります。

では、どうすれば本気になれるのでしょうか。

私は、ライバープロデシューサーとして働く中で、この点について何度か考えることがあったのですが、ある1つの結論に至りました。

結果から考えてはいけない…全力で取り組んだ過程にのみ、結果がついてくるのだ!

これが具体的にどういった気づきになったのか、本節で詳しく解説したいと思います。

ビジネスとパレートの法則について

働きアリの中にも、8割の働きアリと2割のサボるアリがいる、ということをご存知でしょうか。

そしてその中の2割のサボるアリを除外すると、今度は働きアリが占めていた8割の中にも、また2割のサボるアリが出てきてしまうのです。

これを「パレートの法則」といい、あらゆる組織において当てはまる、普遍的な事象であると考えれらています。

例えば私の所属していた営業チームの中でも、頑張る人がいる一方で、手を抜く人は一定数存在しました。

そしてそういったメンバーの存在は、チーム全体の士気に関わり、可能性の芽を潰してしまう。

つまりビジネスで手を抜く、本気にならないというのは、最悪の場合、ビジネスモデルの崩壊を招くことになるのです。

本気になれる環境こそが結果を生む

なぜ、サボるメンバーが現れるのかといえば、その方が得をするからというのが大きな理由です。

働いても働かなくても報酬が変わらないのであれば、労力の問題で考えれば、後者の方が効率良い生き方でしょう。

しかし、どうでしょうか。ライバーとプロデューサー、両者の中にサボろうとする人がいるとは思えません。

なぜなら互いの稼ぎが完全にが歩合制であり、ライバーもプロデューサーも、より多くの視聴者を獲得する、人気になるという共通の目的を持っています。

とすれば、全員がビジネスの対して本気で向き合っているということになり、上記で説明した「パレートの法則」も完全に無効!士気もやる気もモチベーションも、常に高いまま!

そうの結果がどうして、稼げないという展開になるでしょうか。いえ、なろうはずもありません!

なので私はいつも、ライバーさんとのやりとりを大事にしています。より良い結果を出すには、まずそれを成せる環境を作ってから。

そうすることで、結果は後から自然についてくるものなのです!

TOPページを見る