先行者利益を獲得したビジネス事例

先行者利益を獲得したビジネス事例

YouTuberやビットコインなど、早期から参入した人は、今ごろ大きなリターンを得ているでしょう。

そのような先見の明を活かして、恩恵を得ること先行者利益といい、今では当たり前だけど、当時では常識破りで、破天荒な考えだと思われることもありました。

例えば今から数年前の人に、ビットコインは700万円にまで上昇したよと話しても、信じてもらえないでしょう。

しかし「人の行く裏に道あり花の山」という格言が示す通り、他の人と同じことをやっているようでは稼ぐことはできません。

そこで本節では、先行者利益の特徴、またどうすれば獲得できるのか、順に説明していきたいと思います。

先行者利益はお金だけではない

基本的に先行者利益といえば、割安株や、草コインのように、金銭的な恩恵を得られるパターンを想像されるのではないでしょうか。

しかし、それは恩恵の一部であり、先行者利益の一番のメリットは、その分野の「第一人者になれる」ということなのです。

例えばYouTuberであればヒカキン、スマホならiphoneのように、代表的なポジションを得られますよね。

そうすると、どうなるのでしょうか。

ファンやユーザー、チャンネル登録者やフォロワー数など、より多くの人を集めることができるようになり、結果として地位も名誉もお金も、全ては手に入るのです。

つまり今からライバープロデューサーに参入するということは、ノウハウが蓄積する→第一線で活躍する→第一人者に近づく→人が集まる→抱えるライバーも多くなる、このように最終的には、かならず収益に繋がっていくのです!

先行者利益を得るためには?

先行者利益を享受するためには、どうすればいいのでしょうか。

簡単ではないことは事実ですが、重要なのは、やはり時代を先読みをすることだと思います。

今後5Gが普及するとどうなるのか、仮想通貨が法定通貨になるとどうなるのか、コロナが収束しなければどうなるのか、など社会のちょっとした変化に対しても、敏感になる必要があるでしょう。

また、先行者利益に絡めてお伝えしたいのが、これからは間違いなく個人の時代がやってくると思います。

既に様々な業界でも囁かれていることではありますが、私が個人事業主として生計を立てるようになって、その流れをひしひしと感じるようになりました。

だとすれば、今のうちから個人で稼ぐことにも注力しておこう、稼ぎ方のノウハウや、税金の知識に対しても積極的に勉強しよう…こういったように、現状と未来のあり方を照らし合わせて行動することも、自ずと先行者利益に繋がっていくのではないでしょうか。

TOPページを見る